日本におけるWi-Fi事情

日本でもWi-Fiが普及した事で以前に比べるとかなり便利になっていると感じます。
しかし海外に比べるとまだまだ十分とは言えない部分もあるようです。
日本におけるWi-Fi事情をチェックしてみましょう。

日本でWi-Fiが普及したのは、携帯やスマホが主流です。
これは爆発的に携帯やスマホがヒットしたという事も関係していますが、実際には携帯やスマホのネットワークが足りなくなり、これに対応するためにWi-Fiを活用しているのです。

今は外出先でも使えるようにと、カフェや公共施設に設置された無料Wi-Fiスポットが増えています。
コンビニやファストフード店でも利用が可能になっていますが、海外と比べるとWi-Fiスポットはまだまだ少ないのです。

Wi-Fiを利用する場合は本人承認のためにIDとパスワードが必要ですが、有料でもセキュリティがしっかりしているから安心して使えます。
しかし安全に使うためにはコストがかかるため有料制というのが、海外に比べて日本が遅れる理由です。

一般的には携帯のプランにセットで契約できますが、わざわざWi-Fiを使わなくてもインターネットは利用できます。
フリースタイルではなく、契約をしないと使えないというのも普及率が低い原因となっています。

日本だけで見てみると今の状態でも十分便利にWi-Fiを利用できるように感じますが、今後はオリンピックもあるため、今よりも無料Wi-Fiスポットは増えると言われているので、来日する外国人だけでなく日本人も、さらに便利で使いやすくなる事が期待できます。



◆関連リンク
外出先でも使えるワイマックスなどの評判を掲載しているWi-Fi情報サイトです ... ワイマックス 評判